公益社団法人 広島ビルメンテナンス協会

協会の事業活動

ビルクリーニング技能検定の実施

  • 厚生労働省の技能検定は140種に及んでいます。ビルクリーニング技能士もその一つです。
  • ビルクリーニング技能士の技能検定は、試験業務実施団体として、厚生労働大臣から指定を受け、全国協会が実施しています。 当地区では、中国地区本部が毎年実施しています。
  • 試験は学科と実技があり、実技試験は1月、学科試験は2月に実施されます。
  • 平成16年度までに、広島県で1081名の合格者が誕生しています。

ビルクリーニング技能競技大会の開催

  • ビルクリーニング技能競技大会は、ビルクリーニングの技能の向上とクリーンクルーの士気の向上のために開催されるものです。
  • 広島大会 → 中国大会 → 全国大会の順に開催されます。
  • 開催回数は次のとおりです。
    広島大会・中国大会及び全国大会は、それぞれ2年に1回、交互に開催。
    平成17年度 ノノ 広島大会・全国大会
    平成18年度 ノノ 中国大会(山口)
ビルクリーニング技能競技中国大会の様子

ビルクリーニング技能競技中国大会の様子

安全対策の実施

安全については、人命尊重は無論のこと、労災収支の面でも重要な意味をもっているので、会長直結の組織として労災対策協議会を設置し、重点的に取り組んでいます。

  • 年度別労災発生状況の調査
  • ビルメンテナンスの安全に係る年度別情報の発行
  • 安全論文・標語募集
  • 安全大会の開催
  • 各種安全研修会開催
  • 関係企業の巡回指導

契約条件適正化対策の推進

契約条件は、いうまでもなく協会にとって最大の関心事であり、次のような施策を行っています。

  • 全国協会

    積算マニュアルの作成と講習会の開催

    関係官庁に積算基準の作成の働きかけなど

  • 広島協会

    見積、積算基準の見直し、契約条件の適正化についての研究及び関係官庁に陳情

協同組合活動等の実施

会員企業(中小企業会員を中心)の経営の改善向上及び、品質の向上を図るため、広島県ビルメンテナンス協同組合が設立されました。

広島県ビルメンテナンス協同組合では、中小企業大学校広島校、県立広島大学、広島市立大学、国立病院呉医療センター 他を受注しています。

広島市立大学

広島市立大学

部内外広報活動の実施

部内外広報活動については、次のとおり推進されています。

  • 総務委員会 …… 会報の発行 (年 3回)
  • 青年部会 …… 特別講演の開催

会員コミュニケーション策の実施

次のような行事が行われています。

  • 総務委員会 …… ボウリング大会の開催
  • 企画委員会 …… 研修旅行の開催
  • だるま会  …… 有志によるゴルフ大会の開催
  • I・T研究会 …… 有志による囲碁の交流対局開催
囲碁の様子

囲碁の様子